弁護士費用について

弁護士費用とは?

弁護士費用には、以下のものがあります。

着手金
事件の依頼を受けた時に最初にお支払いいただく費用です。事件の成功・不成功にかかわらずご負担頂くものです。
報酬金
事件の成果の程度に応じてお支払いいただく成功報酬のことです。
実費
収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金や供託金等のことです。必要な場合にお支払い頂きます。
日当
弁護士が当該事件処理のために遠方に出張した場合、日当をお支払いいただきます。
手数料
契約書作成や遺言書作成、遺言執行等1回程度の書面での申立てで手続きや事件が終わり、一定の成果が見込める事件の時にお支払いいただく費用です。
顧問料
顧問契約を締結した法人や個人から、顧問契約の範囲内での法律事務に対してお支払いいただく費用です。

弁護士費用の基準

着手金や報酬金は、事案の性質や請求額によって異なりますので、詳しくは担当弁護士に、事件依頼時にお尋ね下さい。下記の例は標準的な場合です。クリックしてご覧下さい。

その他の事件については、各担当弁護士にお尋ねください。なお、弁護士費用の額及びお支払い方法等についてもお気軽にご相談下さい。